HOME > BMB開発の背景 > 日本のバイオマス戦略

日本のバイオマス戦略

上部左ワク
日の丸
下部左ワク

石油や石炭に代わるエネルギーとして注目されている「バイオマス」。日本では、2002年に「バイオマス・ニッポン総合戦略」が策定され、バイオマスエネルギーの本格的な利用促進に向け、施策措置が講じられています。


上部左ワク
新エネルギーの利用
下部左ワク

2003年から、電力会社に対して販売電力に応じた“新エネルギー”の利用が義務付けられています(電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法:Renewables Portfolio Standard 法)。新エネルギーとは、風力や太陽光、廃棄物、バイオマス、中小水力などから得られる電気のことで、電力会社は自ら発電するか、他社から新エネルギーを使った電気を購入しなければなりません。電力会社10社の合計義務量は、2003年度は33Kwh2010年度には122Kwhになると推測されています。


index-上部左ワク

バイオマスで地球温暖化を防止

index-下部左ワク

二酸化炭素量の増加により、21世紀末には気温が5.8度上昇するといわれております。京都議定書では、CO2の量を2010年までに1990年より6%の減量を定めました。

その地球温暖化防止対策の一環として始められたのが、バイオマス燃料の活用です。バイオマス燃料が排出するCO2はもともと大気中にあったもので、そのCO2を吸収した植物を使用し再びCO2を放出しても、エネルギーの消費と植物の育成バランスが保たれている限り、実質的なCO2の排出は“ゼロ”とされています(カーボンフリー)。このカーボンフリーの特性を生かした地球温暖化防止対策が進められています。

index-上部左ワク

BDFBKFで循環型社会を形成

index-下部左ワク

廃食油から水や天カスなどをゴミとして分離とした後に、化学的にエステル化(メタノールによってグリセリンを切り離し、触媒によって脂肪酸をメチルエステル化して、グリセリン等をゴミとして分離する)して、BDF(もしくはVDF)と呼ばれるディーゼル車用燃料にリサイクルしています。よくある例としては、自治体が一般廃棄物処理の一環として、家庭から廃食油を収集し、BDFとしてゴミ収集車や公用車に利用する例も増えています。BDFはディーゼル車において軽油と混合やそのままで利用する為に、燃料としての性状・安定性等の厳格な品確規格が決められようとしています。