HOME > BMB開発の背景

BMB開発の背景

世界各国でバイオマスエネルギーが活用されていますが、日本での総エネルギーに占める割合はまだまだ低い状態です。地球温暖化やピークオイルが問題になっている今、環境にやさしく持続可能な社会を創るために、現実的なバイオマスエネルギーの活用が求められています。

index-上部左ワク

世界の取り組み

各国が持続可能な未来を考えて、植物油・木・コーン・サトウキビなどをバイオマス燃料として研究そして活用しています。

index-下部左ワク
index-上部左ワク

日本のバイオマス戦略

2002年に「バイオマス・ニッポン総合戦略」が策定され、利用促進に向けた施策措置が講じられています。

index-下部左ワク
index-上部左ワク

廃食油リサイクルの現状

廃食油は、年間約40万〜50万トン発生していると推計されています。多量に発生する場所からの廃食油は、専門事業者によって飼料用油脂として活用されています。家庭や小規模の食堂からの廃食油はゴミとして処理されています。一部の自治体では回収してBDFに改質して燃料に利用しています。

index-下部左ワク
index-上部左ワク

廃食油リサイクルの課題

廃食油のリサイクルやバイオマス燃料化に向けた問題はあります。BMBは経済的でリサイクル時に副生成物を発生させないなど今までの最大の課題を克服しました。

index-下部左ワク
index-上部左ワク

関連助成制度

バイオマス燃焼装置(BMB)の導入時に、中小企業金融公庫の石油代替エネルギー関連助成制度がご利用いただけます。

index-下部左ワク
問い合わせ-上部左ワク
TEL.0794-67-1712 FAX.0974-67-0826

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム
問い合わせ-下部左ワク